障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

障害年金でお悩みの あなたへ

もくじ

 

○ こんな間違いをしていませんか?

○ 無料相談で、もやもやをスッキリ解消

○ お客様の声

○ 障害年金で不安を軽減する

○ ほとんどの傷病が対象です

○ 簡単無料診断

○ 受給には請求手続きが必要

○ 障害年金の請求は難しい

○ 認定は書類審査のみで行われる

○ 障害等級を軽く認定されたら

○ 障害年金の請求は一発勝負

○ 専門家に相談すると・・・

○ 成功報酬制・着手金0円

○ 受給事例

○ 自分で請求するメリット

○ 専門家に依頼するメリット

○ 障害年金でお悩みの方へ

 

 

あなたはこんな間違いをしていませんか ?

障害者手帳を持っていないから障害年金はもらえない

主治医に「障害年金はもらえない」 と言われたのであきらめた

働いているから障害年金はあきらめた

うつ病などの精神病では障害年金を請求しても認定されないのでは                          

病気になったのがかなり前なので、今からは障害年金を請求できない

初診日(病気やケガで初めて診察を受けた日)が特定できないので 障害年金を請求できない

病院にカルテが無いので障害年金を請求できない

  障害年金を生活保護などの公的扶助と勘違いしている

 

このような理由で、障害年金の請求をあきらめていませんか?

一つでも該当する方は一人で悩まず、初回無料相談にお申し込みください。

申請すればもらえる可能性があるのに・・・

正しい知識を知っていればもらえたのに・・・

知らないばかりに受給できないなんてもったいないですよね!

 

 

無料相談で もやもや をスッキリ解消

 

多くの方に無料相談をご利用いただいています。

ぜひ、あなたも無料相談に申し込んで少しでも早く障害年金をもらってください!

 

 

 

お電話はこちらへ

0883-87-9517

 

お電話での受付:平日8:00~21:00

予約の場合:土日相談可

お願い:匿名でのご相談は受けておりません。車での移動中、

打ち合わせなどでお電話に出られないことがあります。

メールでのお問い合わせをおすすめします。


病気やケガなどで障害年金をもらえる可能性があるのに、

障害年金の制度を知らないばかりに請求していない方が

たくさんおられます。

また、制度は知っているけど「私は障害年金の対象になるの?」

「条件は?」などと、どうしたらいいのかわからない方もおられます。

そういった方に正しい情報をお伝えするのが私達の役目だと思っています。

障害年金を受給することができれば、生活するのに十分な額では

ありませんが経済的な負担も減り、無理して働かなくてもよくなり、

気持ちにも余裕ができるのではないかと思います。

 

私たち障害年金の専門家に相談してみると、案外簡単に解決

できることがあるかもしれません。

私たちに問い合わせるのは敷居が高いと言われる方もいますが

全然そんなことはありません。

 

私の写真を見て「少しも笑っていないし、なんか堅いし、

とっつきにくい」と思われたかもしれませんが、

私カメラを向けられると緊張して少し怖い顔になるみたいです。

 

ニコッとした笑顔はできないけど優しいおじさんです。

 

もちろん、相談を受けたからと言って契約を迫るというようなことは

一切ありませんのでご安心ください。

 

 

障害年金をもらってこれからのあなたの人生が少しでも良くなるよう

全力でサポートします。

 

無料相談後に、お客さまより請求代行のご依頼をいただいた場合でも、

もし受給できなかった時には料金をいただきません。

どうか安心して無料相談をご利用ください。

 

不安に思っていること、受給の可能性など

無料相談でスッキリ解決してください!

 

電話やメールでの無料相談のなかで障害年金を請求できるかどうかを判断

して少しでも障害年金をもらえる可能性がある場合には

徳島県内全域を対象に無料出帳相談を行っています。

 

障害年金の申請はあなたの人生において

とても重要なことだと思います。

 

重要なことなので、

私は必ず一度は直接お会いして

お話を聞かせていただきます

 

あなたの表情、動作、普段の生活の状況を見させていただく

ことで障害の程度を判断することができます。

 

わかりにくい障害年金のしくみも図などを見ていただきながら説明

することで容易に理解していただくことができます。

 

長い間障害状態にあると、それがあなたや家族の方には当たり前に

なっていることがあります。

 

でも、私から見るとその状態が障害年金を請求するための大きな

ヒントになることがあります。

 

直接お会いすることでいろんな事がわかります。

 

無料出張相談 受付中!

 

 

 

お電話はこちらへ

0883-87-9517

 

お電話での受付:平日8:00~21:00
予約の場合:土日相談可

 

 

  徳島障害年金相談室      

運営:コスモス社会保険労務士事務所

 

 

 

お客様の声

 

弊所にご相談をいただいた方より多くの「お声」をいただきました。

掲載の許可をいただきました一部を紹介させていただきます。

 

■ Aさん 30代男性

自分でインターネット、書籍などで調べて障害年金のことについては

かなり分かっていると思っていましたが、無料相談でいろいろとお話

を聞くと、私の勘違いしていることが多くあり、やはり専門家に

頼んだほうがいいと依頼しました。

話もていねいに聞いてくださり、親切に対応していただきました。

無事年金がもらえることになりました。ありがとうございました。

 

■ Sさん 20代女性

通院を続けておりましたが、働くことができなくなり、不安な気持ちで

いっぱいでした。知人から障害年金の対象になるかもしれないと聞き、

ひょっとしたら年金がもらえるかもしれないと書類の書き方とか

調べてみたのですが、私一人では難しいと思いました。

無料相談のことを知り申し込みました。親身に私の話を聞いてくださり、

手続も丁寧にしていただきました。

おかげさまで、3級認定となり、経済的に楽になりました。

 

■ Hさん 40代男性

障害年金は本当に複雑というのが実感です、特に診断書は個人

レベルでは難しいと思います。

先生にお願いしてよかったです。本当にありがとうございました。

 

■ Nさん 50代女性

徳島障害年金相談室(コスモス社会保険労務士事務所)木下さん

に相談、依頼でき、ラッキーだったと思います。

誠実,親切、丁寧、大満足ですありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

 

■ Tさん 50代男性

今は先生にお世話になって良かったと思っています。

全部きれいに手続きをして頂いてありがたく思っています。

ありがとうございました。


 

お客様から「ありがとうございます」と言う感謝の言葉を

いただくと、「もっと頑張ろう」とやる気が湧いてきます。


 

 

障害年金で不安を軽減

 

障害年金は、病気やけがで働くことが困難な方や普段の生活に

支障のある方に国から支給される年金です。

障害年金を受給できれば一定の金額が2カ月に一度自分名義の

口座に振り込まれます。

 

障害の状態が基準に該当する限り生涯にわたり受給できますので、

経済的な不安感を軽減することができます。

体調が悪い日には無理をせず仕事を休むこともできますし、

治療費の心配をすることなく病院に係ることもできます。

 

あなたが年金を受給できるようになることで不安を軽減でき、

「今まで、ずーと したいなと思っていたけど、できなかったこと」

を実現できたらいいなと思います。

きっと家族の方も喜んでくれるでしょう。

 

 

ほとんどの傷病が対象

 

みなさん、障害年金というと身体障害になった方が対象と思われている

方が多いのですが「がん」などの内部疾患、「うつ病」などの精神疾患

なども対象となります。

日常生活にかなりの支障がある場合、ほんどの傷病が障害年金の対象

となります。

 

よくある症例としては

■知的障害・発達障害などの

 

■うつ病・統合失調症発達障害・高次脳機能障害などの

 

■脳梗塞・くも膜下出血など脳血管疾患の後遺症がある

 

■脳卒中・脳腫瘍などの後遺症、慢性関節リウマチ、交通事故などに

よって手足が不自由になった

 

■視力・視野、聴力が低下した方

 

■心不全症状またはペースメーカー・人工弁を装着している

 

■中皮腫、肺気腫、間接性肺炎などの呼吸器疾患がある方

 

■糖尿病とその合併症がある方

 

■肝硬変などの肝疾患がある方

 

■肝不全症状または人工透析を受けている方

 

■人工膀胱、人工肛門を造設している方

 

■人工関節、人工骨頭を挿入置換しているとき

 

■各種のがんおよび各種の難病(特定疾患)にかかっている方

 

などです。

 

無料診断

 

受給診断はこちらをクリック

 

 受給には請求手続きが必要

 

年金を受給するには請求手続が必要です。

 

障害状態になっても国が積極的に支給しますとは言ってくれません。

 

障害年金の請求手続そのものは、どなたでも請求書類の提出をする

ことができます。

しかし、障害年金の請求手続きは、老齢年金の手続のように窓口担当者

に教えられた通りに請求書類を書いて請求すればよいほど簡単ではありません。

 

 

 

障害年金の請求は難しい

障害を認定する基準は医学の進歩などにより毎年のように改正されています。

 

専門用語ばかりで書籍を読んでもよくわからないインターネットで

調べても言っていることが人によって違うのでどれを信用していいのかわからない

 

年金事務所や役所に相談するが説明内容が専門的でわからない

 

など、制度が複雑、認定基準が曖昧なこともあり、きちんと理解してわかりやすく

説明できる人がいない。

 

そして理解できないまま誤った内容で申請をしたり、役所、年金事務所に何度も

足を運ぶが手続きが進まないなどで挫折する方がたくさんおられます。

 

それでも年金事務所や役所の窓口は、書類が整えば受け付けしてくれますが

受給できるかどうかの認定基準を満たしているかの、アドバイスなどは立場上

行われていません。

 

 

認定は書類審査のみ

 

障害年金の認定は書類審査のみで行われているため、申請書類を無事

にそろえ提出したとしても、医師が診断書記入に必要な認定基準の知識

を欠いていたため不支給となってしまったという話はよくあります。

 

医師は治療の専門家ではありますが、障害年金の専門家ではありません。

診断書の作成要領を知らない方はたくさんおられます。

なので、診断書のチェックをしないでそのまま提出するのは非常に危険です。

 

病歴・就労状況等申立書の記載内容が請求者の状況を適切に表現できて

いないため、実際の障害の程度より軽い等級として認定されてしまう。

そうしたことで、本来ならば年金を受給できるのに不支給となってしまった。

 

本来ならば障害等級2級の年金として認定されるべきなのに3級として

認定されてしまった。というような、泣くに泣けない結果となることが

起こります。

 

 

 

障害等級を軽く認定されたら

 

障害基礎年金は1級と2級がありますが、本来なら障害基礎年金

2級であれば年額780,100円受給できるはずが、軽く認定

されれば不支給となり0円。

 

本来、障害基礎年金1級なのに軽く認定され2級になったとしたら

年額195,025円受給できる額が少なくなります。

 

(1級) 975,125円
(2級) 780,100円
195,025円

 

これは1年間の差ですが、これが今後何十年も続いたら、

いくら損をすることになるでしょうか?

 

40年間受給したとしたら7,801,000円も損します。

 

障害厚生年金は一般的に年金額がもっと多いのでもっと

大きな損失となります。

 

障害年金の請求は一発勝負

 

障害年金の請求は「一発勝負」と思った方がいいです。

初回にできる限り最良の書類を整え請求しましょう。

 

審査が通らなかったなど不服がある場合は「審査請求」

「再審査請求」という再度審査をしてもらえる制度がありますが、

最初の請求のとき提出した資料は有効なままですので、一度決定

されたものを覆すことは極めて困難なことです。

 

 

専門家に相談すると

 

私たち、社会保険労務士は、

公的年金業務を行う唯一の国家資格者です。

 

本来であれば障害年金をもらえるのに、制度を知らなかったり、

自分では請求できない、

 

制度の複雑さ故に請求をあきめてしまっていた

自分で請求したが不支給となってしまった方など、

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 

私は、常に請求されるあなたの側にいます、適正な等級に認定

されるよう、そしてよりスピーディに手続きを完了いたします。

 

 

成功報酬制・着手金0円

 

「完全成功報酬」なので支給が決定した時のみ料金を

いただきます。

受給できなかった場合は料金はいただきません。

 

着手金は無料・0円

 

徳島県内全域無料出張相談を行っています。

 

料金案内はこちら

 

 

受 給 事 例

 

弊所でサポートした方の一部を紹介します。

 

■ 関節リウマチ 40代 認定日請求で障害厚生年金2級を受給

 

■ 慢性腎不全(人口透析)50代 事後重症請求で障害基礎年金

2級を受給

 

■ 脳梗塞 50代 認定日請求で障害基礎年金2級を受給

 

■ 双極性障害 40代 認定日請求で障害基礎年金2級を受給

 

■ 頚髄損傷 60代 認定日請求で障害厚生年金1級を受給

 

■ うつ病 30代 認定日請求で障害厚生年金3級を受給

 

など

 

 

自分で請求するメリット

 

費用が安くて済む

 

皆さん、障害の状態、初診日などいろいろと条件が異なりますので

一概には言えませんが、ご自身で請求されている方もおられます。

 

年金事務所や役所の窓口、病院関係者も相談にのってくれますので、

時間に余裕がある方、何も問題なくスムーズに請求できると思われる方は

ご自身でされたらいいと思います。

 

ただ、年金事務所等も相談にはのってくれますが、

「どうしたら受給の可能性を高めることができるか」といった踏み込んだ

内容までは、どうしても行政の立場上難しく一般的な助言にとどまざるを

得ないのが現状です。

 

自分で請求した場合は、診断書等の取得にかかる費用だけですので安く済みます。

 

弊所に請求代行をご依頼いただき受給できるようになった場合、成功報酬

として2か月分をいただくことになります。

 

受給できる年金月額が65,000円であれば2か月分の13万円の料金が

必要になります。

 

自分で請求すればこの料金は不要です。

 

 

専門家に依頼するメリット

 

専門家ならではのサポート

ご自身やご家族での請求が困難であったり、申請が複雑でよくわからない方、

請求を途中であきらめた、請求をしたが受給できなかった方、

どうしていいかわからない方などは、私たち社会保険労務士にご相談ください。

 

私たちに任せていただければ、役所、年金事務所に何度も足を運ぶことが

なくなり時間と手間を節約できます。

 

何回も窓口で難解な専門用語を聞かされることから解放され、嫌な思いを

しないですみます。

 

安心して任せることができるのでストレスから解放されます。

 

相談は自宅までお伺いしますのでつらい思いをして外出しなくてもいいです。

 

自分でするより早く請求できるので早く受給できる、結果生涯にもらえる額

が多くなります。

 

深い専門知識、経験を活用することで受給の可能性が高まります。

 

障害年金以外の社会保障についても教えてもらえる。

 

ただ一つ注意していただきたいことがあります。

 

社会保険労務士すべてが障害年金に精通してはいないということです。

 

通常は、会社の顧問として社会保険手続き、人事、労務などの会社関連業務を

おこなっている社会保険労務士がほとんどです。

 

私たちのような障害年金に精通している社会保険労務士は、少数だということです。

 

深い知識と経験のある社会保険労務士に依頼したほうが、一般の方よりは

請求書類の提出を早く行うことができます。

 

なぜ、請求書類の提出が早ければ良いかというと、※事後重症請求の場合、

請求した月の翌月から年金が支給されます。

 

つまり請求が遅くなれば遅くなるほど受給できるのも遅くなるということです。

 

早く提出すれば早くもらえる、結果生涯にもらえる年金額が多くなります。

 

※事後重症請求:障害年金は原則「初診日」から1年6カ月を経過した

障害認定日に、障害認定基準に定める程度の障害の状態に該当しなければ

受給できません。

 

しかし、障害の程度が障害等級に該当する程度の障害の状態になかった

場合でも、その後65歳に達する日の前日までの間に、その傷病が悪化して、

障害認定基準定める程度の障害の状態に至ったときは、その間

(65歳に達する日の前日までの間)に障害年金を請求することができます。

この請求により支給された年金を事後重症の障害年金といいます。

 

障害年金でお悩みの方へ

 

はじめまして、徳島障害年金相談室 代表の社会保険労務士の

木下猛と申します。

 

私は、障害年金相談、障害年金請求支援、障害年金審査請求・

再審査請求支援といった、障害年金をもらえるのにもらえていない方

の受給のための「障害年金支援サービス」を行っています。

 

私の支援サービスを受けることで、あなたは、

「私は障害年金に該当するのだろうか?」「請求手続きはどうしたらいいの?」

など、今まで悩んでいた難解な障害年金について最小限の手続き、

最小限の期間で障害年金受給に向かって進むことができるようになります。

 

なぜ、私にそれができるのか?私は、社会保険労務士として、数多くの

障害年金相談、請求支援を行ってきました。

 

目、耳、肢体、精神、心疾患など幅広く障害年金に関わってきました。

 

「障害年金支援サービス」は、言ってみれば、障害年金の受給の可能性を

最大化するサービスであり、あらゆる角度からあなたにとってより上位の

障害年金を受給できるかを考え実行します。

 

私自身も小さい頃に目に障害を負い右目の視力は0.01程度しかありません。

0.01の視力とは、50センチメートル前にある手がぼやっと見える程度です。

私の場合はもう片方の左目は良く見えますので車の運転、仕事などは普通にできますが、

正常に両目が見える人にはわからない支障もいろいろとあります。

 

くやしい思いもたくさんしてきました。だから、相談される方のことをより理解

することができます。

ですからなんとか受給してほしいという気持ちは人一倍強いものがあります。

 

障害年金認定の実態を知っている私からみると、十分、障害年金に

該当するのに請求をしていない人がたくさんいました。

「私、ひょっとしたら障害年金に該当するかも」と思われたあなた、

まずはメールまたは電話の無料相談をご利用ください。

 

あなたの障害の状態、年金保険料のこと、はじめて病院へ行ったときの

ことなどいろいろと聞かせて頂きます。

そこで受給の可能性があれば、無料出張相談でさらに詳しく教えて

いただきます。

 

障害の症状はひとそれぞれです、本人は当たり前と思っていて

伝えなかったこと、表情、動作、など直接お会いして話さなければ

伝わらないことはたくさんあります。

それらの生の情報を受給のために最大現活かします。

 

最終的に、あなたの判断で「障害年金請求支援サービス」

へ進んでいただくことができます。

もし受給できなかったら料金はいただきませんので

あなたにリスクはありません。

 

是非、あなたの障害年金請求の支援をさせてください。

あなたが少しでも安心して暮らせるように私が全力でサポートします。

 

あきらめない 社会保険労務士 木下 猛

 

   社会保険労務士登録番号 第36080006号 

    徳島県社会保険労務士会 第360258号

 

多くの方に無料相談をご利用いただいています。

是非あなたも無料相談にお申し込みください。

  

  お電話はこちらへ

0883-87-9517

 

お電話での受付:平日8:00~21:00
予約の場合:土日相談可

 

 

 

 

 

固定ページ

お知らせ

PAGETOP