お知らせ

障害年金受給と国民年金保険料免除

法定免除

障害年金1級・2級を受給している方は、国民年金保険料の全額免除(「法定免除」と言います)を受けることができます。

もちろん申請せずに保険料を払い続けることも可能です。

なお、障害基礎年金受給者については

2級から3級に隆級した場合       → そのまま法定免除が継続

さらに下がって3級にも該当しなくなった→ 3年間は法定免除継続

3級にも該当しなくなって3年経過   → 法定免除は打ち切り

となります。

前月分から全額免除

申請した場合、認定された日を含む月の前月の保険料から全額免除を受けられます。また、支払い過ぎた分は返還してもらうこともできます。

自治体に申請

法定免除なので自動的に免除になるのではと思われたかもしれませんが、市区町村役場の年金課で申請(国民年金保険料免除理由該当届)する必要があります。

全額免除は一度申請すれば、障害年金の支給が止まらない限り受け続けることができます。

障害年金受給資格を喪失したときや、等級変更により障害年金1級・2級から外れたときには、法定免除を取りやめる手続き(法定免除非該当手続き)が必要です。

全額免除のメリット

全額免除を受けると、国民年金保険料を払わなくても2分の1(国庫負担分)は払ったことになります。

全額免除のデメリット

全額免除を受けた場合のデメリットとしては、保険料を全額払っていた場合と比べると老齢基礎年金の金額が少なくなります。

例えば

国民年金保険料を、40年間払った場合には779,300円もらえるのが40年間全額免除を受けた場合には389,700円と当然ですが老齢基礎年金は半額しかもらえません。(平成29年度)

障害年金は更新時に支給が止まる可能性がある

いつまでも障害等級に該当していれば、障害年金を受給することができます。

ただし、障害等級に該当し続けるかどうかは不明で病気の状態が軽くなることもあります。

更新時に提出した診断書の記載内容によっては該当しなくなることもあります。

障害年金の認定基準の変更により、障等級に該当とされていたものが非該当とされることがあります。

このように支給が止まる場合が少なくありません。

更新がある方は障害年金が止まる可能性があるということです。

老齢基礎年金を満額に近付ける

65歳以降障害年金が受給できなくなった場合は、老齢年金をもらうことになります。

障害状態等の変動により支給が止まる可能性のある場合には、障害年金を受給しつつ、国民年金保険料を払い、老齢基礎年金を満額に近付けることも必要だと思います。

経済的に国民年金保険料を払うことができない場合には、全額免除を受けてなるべく老齢基礎年金の額が下がらないようにし、余裕ができたときに後払いをすることも可能です。

その他、障害年金を受給するための基礎的なことはこちらをご覧ください。

【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。