お知らせ

障害年金の障害認定日とは?

障害年金の障害認定日とは?

障害の程度を評価し障害の状態に該当するかしないかの
判断をすることを「障害認定」といいます。

障害認定する日を「障害認定日」といいます。

障害年金の請求は障害認定日を過ぎてからでないと
請求できません。

この障害認定日は原則として、請求する傷病の初診日
から1年6か月を経過した日となります。

なぜ、1年6ヶ月かといいますと、障害が続いている状態で
その障害の症状がある程度固定するであろう期間が1年6か月
ということです。

原則、初診日から1年6か月が障害認定日となりますが例外
もあります。

傷病によっては初診日から1年6ヶ月以内に傷病が治る
(症状が固定して治療の効果が期待できない状態になった)
場合があります。

その場合には原則の1年6か月の障害認定日まで待つのは
本人にとっては不利となりますので特例が設けられています。

1年6か月を経過する前に障害認定日とされる特例の日としては

・咽頭全摘出の場合は、全摘出した日

・脳血管障害の場合は初診日より6ヶ月を経過した後に医師に

より、それ以上の機能回復がほとんど望めないと認定された日

・身体の一部を切断または離断した日

・人工骨頭または人工関節をそう入置換した場合は、そう入置換した日

・人工弁、心臓ペースメーカー、植え込み型除細動器(ICD)、 人工血管
の場合は、装着した日、そう入置換した日

・在宅酸素療法を行っている場合は、在宅酸素療法を開始した日

・人工肛門または尿路変更術を施術した場合は、造設または手術を
行った日から6ヶ月を経過した日

・新膀胱造設の場合は、新膀胱を造設した日

・人工透析療法を行っている場合は、人工透析を開始してから3ヶ月を経過した日

・在宅酸素療法を行っている場合は、在宅酸素療法を開始した日

・心臓移植、人工心臓、補助人工心臓の場合は、移植した日または装着した日

・根本的治療方法がない疾病であり、今後の回復は期待できず、初診日から6月経過した日以後において気管切開下での人工呼吸器(レスピレーター) 使用、胃ろう等の恒久的な措置が行われており、日常の用を弁ずることが   できない状態であると認められるとき。

などです。

これら例外を見て見ると分かるように、これ以上治療しても
改善が見込めない。すなわち症状が固定した日と考えます。

このような考えからその日を障害認定日とみなし障害年金の
請求ができるのです。

他にも、二十歳前の傷病による障害基礎年金の場合は、障害認定日
以後に20歳に達したときは20歳に達した日、障害認定日が20歳に
達した日後であるときはその日となります。

【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。