お知らせ

障害年金の請求を専門家に依頼するメリット

障害年金の請求 自分で請求する?専門家に依頼する?

自分で請求する

自分で請求した場合は、受信状況等証明書や診断書等の取得にかかる費用だけですので安く済みます、これが最大のメリットだと思います。

ご自身やご家族が請求されている方もおられます。

年金事務所や役所の窓口、病院関係者も相談にのってくれますので、時間に余裕がある方、何も問題なくスムーズに請求できると思われる方はご自身でされたらいいと思います。

ただ、年金事務所等も相談にはのってくれますが、

「どうしたら受給の可能性を高めることができるか」といった踏み込んだ

内容までは、どうしても行政の立場上難しく一般的な助言にとどまざるを

得ないのが現状です。

書類が整っていれば受付はしてくれますが、受付してくれたからと言って受給できるとは限りません。

受給できたとしても本来もらえるはずの等級の年金をもらえないことがあリます。

障害年金は書類で審査されます。

書類の書き方で2級に該当する人が3級になることもあります。

これが障害基礎年金で請求する人であれば、障害基礎年金は1級と2級しかないので障害年金をもらうことができなくなります。

障害年金の請求手続きは1回で済むことはありません。何回も役所、年金事務所に足を運ぶことになります。

請求に時間がかかると受給開始が遅くなり、その間の障害年金がもらえなくなリます。


社会保険労務士に依頼する

デメリット

社会保険労務士に依頼すると料金がかかります。

一般的な料金は※成功報酬制で年金月額の2ヶ月分で着手金2~3万円 といったところです。

※成功報酬制とは、障害年金を受給できたときだけ料金をいただき、受給できなかったときには料金をいただかないということです。

専門家ならではのサポート

私たちに任せていただければ、あなたは役所、年金事務所に何度も足を運ぶことがなくなり時間と手間を節約できます。

何回も窓口で難解な専門用語を聞かされイライラすることから解放され、嫌な思いをしないですみます。

安心して任せることができるのでストレスから解放されます。

相談は自宅までお伺いしますのでつらい思いをして外出しなくてもいいです。

自分でするより早く請求できるので早く受給できますので生涯にもらえる年金額が多くなります。

  なぜ、請求書類の提出が早ければ良いかというと、※事後重症請求の場合、請求した月の翌月から年金が支給されます。つまり請求が遅くなれば遅くなるほど受給できるのも遅くなるということです。

深い専門知識、経験を活用することで受給の可能性が高まります。

障害年金以外の社会保障についても教えてもらえます。

・本来もらえる年金を受給できます。例えば2級の障害状態なのに書類の書き方により3級または不支給になることがあります。このようなことがないようにあらゆることを想定して書類を作成します。

ただ一つ注意していただきたいことがあります。

社会保険労務士すべてが障害年金にくわしいわけではないということです。

通常は、会社の顧問として社会保険手続き、人事、労務などの会社関連業務をおこなっている社会保険労務士がほとんどです。

私たちのような障害年金に精通している社会保険労務士は、少数だということです。

・ご自身やご家族での請求が困難であったり、申請が複雑でよくわからない方

・請求を途中であきらめた、請求をしたが受給できなかった方

・どうしていいかわからない方

深い知識と経験のある私たち障害年金にくわしい社会保険労務士にご相談ください。