お知らせ

障害年金が支給停止になったらどうする!!

障害年金は一度認定を受けると「障害状態」である限りはもらうことができます。

障害の程度は、時間の経過によって変化しますので多くの場合において、障害年金は有期の認定とされます。

そのため、有期の期間経過後には、障害状態が続いているかどうかの確認をすることとされています。

有期の確認を要しない「永久認定」もありますがごく一部に限られています。

障害状態を確認するために障害状態確認届(診断書)が日本年金機構から送られてきます。

障害状態確認届を医師に作成してもらい提出しなければなりません。

提出した障害状態確認届の内容により、障害の程度が審査されます。

障害の程度の変化によって、障害年金の受給額を増やしたり、減らしたり、障害年金を受給できる程度にないと判断された場合には支給停止ということになります。

あなた自身は障害の状態が前と何ら変わっていないと思っていても、障害状態確認届の内容を軽く書かれてしまうと障害等級が下がったり、支給停止されることがあります。

認定する側は診断書で障害の状態を判断しているから軽く書かれないようにしないといけません。

実態を障害状態確認届に正しく反映されるように普段の診察のときから医師に症状、日常生活の状況などを伝えることは大切です。

支給停止事由消滅届を提出

支給停止というのは障害年金が支給されなくなりますが受給する権利そのものがなくなってしまう(失権する)ということではありません。

ただ支給が止まっている状態です。

障害状態確認届の時点では障害の程度になかったが、その後障害の状態が増進して障害年金を受給できる程度の状態になった場合には障害年金の支給を再開してもらうため「支給停止事由消滅届」を提出することができます。

「支給停止事由消滅届」に診断書を添えて停止解除の申し出をします。

審査請求と支給停止事由消滅届を並行

支給停止の処分に不服があるときは審査請求をすることができます。

ただし、審査請求をしたからといって支給が再開されるとは限りません。その決定に納得がいかなければ再審査ということになります。

通常は、審査請求、再審査請求をしながら、支給停止事由消滅届の提出を行っていきます。

再審査請求まで行くと審査に時間がかかりますので結果が出る前に、先に支給停止事由消滅届が認められて支給が再開されることも珍しくないからです。

結果、再審査請求は棄却となったが支給は再開されましたということも多くあります。

支給停止でなく1級が2級になったなどの等級が下がった場合は支給停止事由消滅届を提出することはできません。

この場合は額改定請求ということになりますが額改定請求には待機期間がありすぐにはできません。

【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、障害年金の無料相談・無料出張相談を行っています。