収入があるのですが、障害年金は減額されますか?

仕事をしていて収入があるのですが、
障害年金は減額されますか?

20歳以降の傷病による障害基礎年金で
あれば減額されることはありません。

また、障害厚生年金については減額
されることはありません。

減額されることがあるのは、障害年金で
、20歳前の傷病が原因で障害基礎年金
をもらう場合です。

原因となった傷病が20歳前か、後かで
ちがってくることになります。

ではなぜ、
こういうことになるのでしょうか?

それは、保険料を納めているか、
納めていないかの違いです。

国民年金の保険料は20歳から60歳
になる(60歳の誕生日の前日)月の
前月まで納める事になっています。

そして、
障害年金をもらうには保険料納付要件
を満たしていないともらうことが
できません。

ところが、
20歳前の傷病が原因で障害基礎年金
をもらう人は国民年金の保険料を
納めていないのにもらうことができます。

それでは不公平であるということで
一定の所得がある人については所得に
よる制限を設けるということです。

制限は2段階で行われます。

前年の所得が一定の額を超えたら
年金額の1/2相当額が支給停止
となります。

さらに一定の額を超えたら全額が
支給停止となります。

収入がある場合、単身者なら
年収3,604,000円までは仕事などの収入
があっても、障害基礎年金を全額もらう
ことができます。

それを超える場合に年金額の2分の1が
支給停止となり、4,621,000円を超える
場合に全額支給停止となります。

単身世帯の場合の所得制限

所得(年収) 所得制限
3,604,000円以下 全額支給
3,604,000円超
4,621,000円以下
障害基礎年金の
1/2が支給停止
4,621,000円超 障害基礎年金は全額支給停止

2人以上世帯の場合の所得制限

扶養親族の人数 所得年収) 所得制限
1人 3,984,000円以下 全額支給
 〃 3,984,000円超
5,001,000円以下
障害基礎年金の1/2が支給停止
  〃 5,001,000円超 障害基礎年金は全額支給停止
2人 4,364,000円以下 全額支給
  〃 4,364,000円超
5,381,000円以下
障害基礎年金の1/2が支給停止
  〃 5,381,000円超 障害基礎年金は全額支給停止
3人 4,744,000円以下 全額支給
  〃 4,744,000円超
5,761,000円以下
障害基礎年金の1/2が支給停止
5,761,000円超 障害基礎年金は全額支給停止

※扶養親族数1人につき、所得制限額が
380,000円プラスされます。

扶養親族が老人控除対象配偶者や老人
扶養親族の場合には、
1人につき480,000円プラス

19歳以上23歳未満(その年の12月31日
現在)の特定扶養親族の場合は1人つき
所得制限額が630,000円プラスされます。

お問い合わせ、ご相談はこちらから

 

【お知らせ】

徳島障害年金相談室
運営:
コスモス社会保険労務士事務所では、
無料相談・無料出張相談を行っています。