お知らせ

老齢年金繰上げと障害年金

老齢基礎年金は、65歳から受給するのというのが一般的ですね。

しかし、それは原則で希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰上げて受給することができます。

注意!!

ここで注意しなければならないのは、老齢基礎年金の繰上げ受給した人については、本来65歳から支給される老齢基礎年金を受給したとみなされ1人1年金の原則から障害年金を請求できなくなります。

でも、老齢基礎年金の繰上げをしたからといって障害年金をすべて請求できなくなるのではありません。

次のようになっています。

老齢年金の繰上げ請求をするとできないこと

<障害基礎年金>

1. 原則、繰上げ請求した後に初診日がある人は請求できません。(厚生年金被保険者である人は除く)

2. 老齢基礎年金の繰上げ受給権者には基準障害(初めて1級または2級)による障害基礎年金の請求はできません。

※既に3級以下の障害の状態にある人が、新たな傷病にかかり障害を併合した場合、1級・2級に該当すれば、障害年金を請求できます。これを基準障害(初めて1級または2級)といいます。

3. 老齢基礎年金の繰上げ請求後は、障害年金の事後重症請求はできません。

※事後重症とは障害認定日に、障害の程度が障害等級に該当しない場合であっても、その後、傷病が悪化し、障害状態になった場合、65歳の誕生日の前々日までに障害年金を請求することができまる。これを事後重症請求といいます。

4.  老齢基礎年金の繰上げ請求後は、20歳前障害による事後重症の障害基礎年金は請求できません。

※20歳前障害とは 国民年金が強制加入になるのは20歳からです。そのため国民年金に加入していない20歳になる前の人が障害状態になったときは障害年金を受給できません。

そのようなことを避けるために保険料を納めていない20歳未満の人が障害年金の給付を受けることができるのが、「20歳前障害」です。

5. 老齢基礎年金の繰上げ請求後はその他障害による障害基礎年金の額改定の請求はできません。

6.  老齢基礎年金の繰上げ請求後はその他障害との併合による支給停止解除の請求はできません。

<障害厚生年金>

1. 繰上げ請求後は事後重症による障害厚生年金は請求できません。

2. 繰上げ請求後は基準障害(初めて1級または2級)による障害厚生年金の請求はできません。

3.  繰上げ請求後はその他障害による障害基礎年金の額改定の請求はできません。

4.  繰上げ請求後は障害基礎年金との併合による額改定の請求はできません。

5.  繰上げ請求後は障害基礎年金との併合による支給停止解除の請求はできません。

繰上げしていない場合

1.  60~65歳の間に初診日があれば認定日が65歳以上でも認定日請求はできます。

2.  65歳誕生日前々日までであれば事後重症請求できます。

【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、障害年金の無料相談・無料出張相談を行っています。