お知らせ

うつ病の方だけ読んでください!!

気分が落ち込む、気がめいる、あらゆることへの関心や興味がなくなる、無気力、倦怠感、死にたいと考えたり などといった症状が現れる「うつ病」。

症状によって仕事に支障がでて休職したり退職を余儀なくされることもあります。

日常生活も自分だけでは困難な状態となった場合に、生活費、治療費をどう負担すればいいのか?

あなたは障害年金という制度をご存知でしたか?

障害年金は、病気やけがなどにより、日常生活や働くことに支障があり、生活が困難になっている方に支給される公的な年金です。

 

障害年金の金額は障害の程度によってちがいます。

国民年金の人がもらう障害基礎年であれば障害の程度で1級と2級があります。
金額は年間で2級は約78万円、1級であれば97万円をもらうことができます。

厚生年金の人がもらうのは障害厚生年金で1級~3級までと障害手当金があります。

1級と2級の人は障害厚生年金と障害基礎年金を併せてもらえます。

金額は給料、年金に加入していた期間で計算しますので、年金事務所などで確認してください。

障害年金は症状が障害の程度にあればもらい続けることができます。

 

うつ病は、他の病気などのように障害の程度を検査数値やレントゲンなどで証明することができません。

ゆえに障害年金の認定が難しいと言われています。

 

では、うつ病はどのような基準で認定されるのか見ていきましょう。

 

うつ病の認定基準

うつ病の等級別の認定基準の一部例示は次のとおりです。

障害の程度

障害の状態

1級 うつ病によるものにあっては、高度の気分、意欲・行動の障害及び行動の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、常時の援助が必要なもの
2級 うつ病によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの
3級

うつ病によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの

 

 

【認定要領】


(1)うつ病は、本来、症状の著明な時期と症状の消失する時期を繰り返すものである。

したがって、現症のみによって認定することは不十分であり、症状の経過及びそれによる日常生活活動等の状態を十分考慮する。


(2)日常生活能力等の判定に当たっては、身体的機能及び精神的機能を考慮の上、社会的な適応性の程度によって判断するよう努める。

また、現に仕事に従事している者については、労働に従事していることをもって、直ちに日常生活能力が向上したものと捉えず、その療養状況を考慮するとともに、仕事の種類、内容、就労状況、仕事場で受けている援助の内容、他の従業員との意思疎通の状況等を十分確認したうえで日常生活能力を判断すること事。

 

障害の程度は1級が最も症状が重く、3級がいちばん軽い症状となります。

 

うつ病の申請


初診日

障害年金をもらうには初診日の証明(受診状況等証明書)が必要です。


うつ病の人は、長い期間病院にかかっている人が多い傾向にあります。

そして複数の病院を転院していることが多く、初診の病院がわからないといったケースが少なくない。


また、カルテの保存期間が5年となっているため、長い期間病院にかかっている人は、カルテがなくて初診日の証明書をもらえない場合があります。


初診日の病院がわからない場合や初診日の証明がきない場合は、他の書類等で客観的に初診日を証明しなければなりません。

 

書類審査

障害年金は、書類だけで審査が行われます。

書類は医師に書いてもらう「障害年金用の診断書」と請求者本人が作成する「病歴・就労状況等申立書」等があります。

これらの書類でうつ病の症状とうつ病により日常生活や労働に支障があるのかを具体的に伝えなることが必要です。

 

診断書

症状がはっきりと現れる時期と症状があまりなくなる時期を繰り返すので、現時点の症状だけで障害の程度を認定することなく、症状の経過及び日常生活の活動等の状態を考慮してもらうようにしないといけません。


皆さん、調子が悪いときには病院には行きません。
行けないといった方がいいかもしれません。


そうすると、主治医は調子が悪い時の状態を診察できません。
結果、悪いときの様子は診断書には記載されないということになります。


また、通常診察時間は短く、医師が日常生活状況を把握していない場合も多く、実際の状況が診断書に反映されていないことが多いのではないかと思います。


日ごろから、自分の実際の状況を主治医に話して診断書に反映してもらうようにしましょう。



病歴・就労状況等申立書

病歴・就労状況等申立書は、うつ病の発病から初診時、現在に至るまでの病状の経過・かかった病院・どのような治療を受けたのか・日常生活や労働の状況等を書きます。

診断書の内容が障害年金に認定されるかどうかの境目にある場合、この病歴・就労状況等申立書の記載内容によって、認定になるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

障害年金をもらうための要件などについてはこちらをご覧ください。

【お知らせ】

徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。