障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

よくあるご質問

ここでは、障害年金についてのお問い合わせの中でよくある質問を掲載いたします。

ご覧になりたいところをクリックしてください。

 

1出張相談に来てくれるんですか?

2着手金0円は本当ですか?

3相談したら契約しないといけませんか?

4料金が発生するのはどの段階からですか?

5料金をどのようになっているのですか?

6業務委託契約の内容は?

7本人ではなく家族とのやりとりでも大丈夫ですか?

8保険料を滞納しているけど障害年金をもらうことができますか?

9年金の加入状況がわらない

10初診日が分からない

11どんな傷病で障害年金を受給できるんですか?

12障害者手帳の等級と、障害年金の等級の関係は?

13障害年金は働いていてももらえますか?

14書類の書き方がよくわからない

15障害年金について、まったくわからないのですが・・・。

16障害認定日の診断書が入手できないと遡及請求はできませんか?

17障害年金は一度支給されれば永久にもらえますか?

18障害認定日時点より障害状態が悪化したのですが障害年金は受けられますか?

19障害年金3級を受給中ですが、障害の状態が悪化したので1級か2級を受給することはできますか?

20障害年金の振込はどうなるのですか?

21年金事務所での相談内容は記録されているの?

22障害年金と傷病手当金は両方受給できますか?

23労災保険の保険給付と障害年金とは調整されますか?

24自立支援を受けていても障害年金を受給できますか?

25精神障害で障害年金を受給中です。働くと障害年金は受給できなくなりますか?

26障害年金を受給していると、就職するとき不利になりますか?

27障害年金を申請してから結果が出るまで、どれくらい時間がかかりますか?

28障害年金に係る税金?

29障害年金を受給するうえで注意することはありますか?

30社労士を選ぶポイントは?

31障害年金を受給していますが老齢年金を受給できるようになったときはどうなるの?

3220歳前の病気でも障害年金をもらえるのですか?

33今、自分で年金請求準備中ですが、途中からでも依頼できますか?

34仕事をしていて収入があるのですが、障害年金は減額されますか?

35障害年金と傷病手当金  両方もらえるの?

 

 Q1
出張相談に来てくれるんですか

A 徳島県全域については交通費の負担無しで無料出張相談を行っています。その他の地域の方とは、郵便、電話及びメールによるやりとりとなります。

 


Q2  着手金0円は本当ですか?

A着手金2万円~3万円という事務所が多いですが、弊所では、着手金0円でサポートを承っております。

 


Q3   相談したら契約しないといけませんか?

A ご相談されたからといって契約しないといけないわけではありません。弊所の説明をお聞きいただき判断してください。もちろん後日、勧誘のメールやお電話をすることもありませんので、ご安心ください。


Q4  料金が発生するのはどの段階からですか?

A  無料相談 のときに、初診日、年金保険料の納付状況、障害の状況などを伺い問題がなければ、契約内容の説明をいたします。契約内容に納得いただけましたら、契約書に署名捺印していただきます。この業務委託契約を結ぶまでは0円で料金は一切発生しません。 お気軽にご相談ください。

 


Q5  料金をどのようになっているのですか?


<初回相談>初回の相談は30分間は無料となっております。
ただし、審査請求のご相談などは有料となります。初回相談の前に料金のご説明をさせていただきます。

<障害年金手続き代行>
着手金:0円
成功報酬:年金額の2ヶ月分、または初回振込み額の10%
上記のいずれか多い額

<審査請求の手続き>
着手金:30,000円
成功報酬:年金額の2か月分または初回振込み額の10%
上記のいずれか多い額

本来であれば障害等級2級が相当なのに3級とされてしまった場合など、納得のいかない結果に対しては審査請求(審査のやり直しを要求することができます)をすることができます。

 


Q6  業務委託契約の内容は?


1. 障害年金の申請に関する書類一式の用意
2. 障害年金請求書や病歴就労状況等申立書などの作成代行
3. 主治医への依頼状作成
4. 日本年金機構や役所との折衝・書類の提出代行
ご依頼者が希望される代理可能なものは、すべて代行いたします。

 


Q7  本人ではなく家族とのやりとりでも大丈夫ですか?

A ご本人の体調が思わしくない、人に会いたくないという方もおられます。ご家族のご
協力が得られれば、手続きを進めさせていただきます。

 


Q8  保険料を滞納しているけど障害年金をもらうことができますか?

A 保険料の納付要件は、初診日の前日の時点において、初診日の属する月の前々月までの公的年金制度に加入すべき全期間のうち、その3分の2以上の期間が保険料納付済か保険料免除済で満たされていれば満たされます。

特例(平成3年5月1日以降に初診があるときのみ)として、初診日の属する月の前々月からさかのぼった1年間に保険料の滞納がなければ請求することができます。

経済的な理由などにより保険料を払えないといったような場合、保険料免除申請の手続きをすると、支給要件における納付済み期間としてカウントされ、一部免除の場合は、減額された保険料を納付すると納付済み期間としてカウントされます。

 


Q9  年金の加入状況がわらない

A 初診日に年金(国民年金、厚生年金保険)に加入していること、初診日の属する月の前々月までの保険料の納付状況が障害年金を受け取るための条件になってきます。加入の状況がわからない場合は、お近くの年金事務所にお訊ねください。

 


Q10  初診日が分からない

A 初診日(その障害の原因となる傷病で最初に診察を受けた日)で苦労されている方は多いです。
カルテの保存期間は5年となっているため、カルテが破棄されている場合がほとんどです。
そして、初診日の判断が難しくて、どこが初診日がわからないということもあります。
(具体的にお聞きしないと判断できませんのでご相談ください)

初診日を確定するのは、年金額にも影響するため重要です。
障害厚生年金と障害基礎年金では、年金額が異なります。(障害厚生年金の方が高い。)

カルテがなくても初診日として認めてもらえることがあります。
お手元にある資料になりえそうなものを全て探してみて下さい。
病院の診察券、おくすり手帳、処方箋、健康診断の結果、第三者の証明など、それらの積み重ねで初診日が認められる可能性も出てきます。
初診日の証明が取れなくてお困りの方、ご相談ください。証明が取れるよう一緒に考えます。どうか諦めないでください。

 


Q11  どんな傷病で障害年金を受給できるんですか?

A 障害年金は、特定のケガや病気を対象としたものではありません。一定以上の障害の状態であれば、どのようなケガや病気でも対象となります。

 


Q12  障害者手帳の等級と、障害年金の等級の関係は?

A 全く関係ありません。認定機関が違いますし全く別の制度です。手帳2級で年金3級、逆に手帳3級で年金2級ということはあります。また手帳を持っていなくても障害年金の受給には関係ありません。

 


Q13  障害年金は働いていてももらえますか?

A 基本的には、障害年金をもらいながら働くことはできます。
障害年金は、働いているという理由で給付額が減額されたり、不支給になったりすることは原則ありません。ただし、精神障害の障害年金と20歳前に初診日がある20歳前障害基礎年金とは少し扱いが違ってきますので注意が必要です。

精神障害の場合は、日常生活の状況の他、労働が著しい制限を受けるか等についても障害年金の支給の条件にしていますので、労働能力によっては働いていると支給停止になることがあります。ただし、諸症状、治療及びその病状の経過、働いている状況、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定されます。
20歳前障害基礎年金は、収入によって給付額が制限されることがあります。

 


Q14  書類の書き方がよくわからない

A 例えば、手足を切断したとか、視力や聴力が一定程度以下とかで障害状態が明らかな場合には、障害年金についての一定の知識があれば書類を作成することはできます。年金請求書や病歴・就労状況等申立書などの書き方は、年金事務所で教えてくれますので、ご自分か家族の方が書くこともできます。

そうでない場合、例えば精神障害などは、主治医に障害状態を適正に表した診断書を書いて貰うことが困難なことがありますし、難病や、初診日の証明がとれないなど難しい案件の場合、本人・家族が請求することはやはり難しいのが現状です。
障害年金が貰えるような添付書類を作るには専門知識と経験が必要ではないかと思います。
自分達ではできそうもない、内容的にご心配な方は、ご相談ください。

 


Q15  障害年金について、まったくわからないのですが・・・

A ご相談いただくほとんどの方がそういった状況でお問合せいただきます。
まずは「請求が可能かどうか」について、年金制度の面から確認させていただきます。
加えて「障害状態かどうか」も重要ですので、そちらもお聞きさせていただきます。

たとえば、事前に請求しえないことが明らかなケースにおいて受任することはありません。
ただし不支給となった処分を争う場合や、非常に厳しい状況でもお受けすることはあります。
お問い合わせは無料です。メール・またはお電話でご相談ください。

 


Q16  障害認定日の診断書が入手できないと遡及請求はできませんか?

A 残念ですが遡及請求には、原則として認定日後3か月以内の診断書が必要です。

 


Q17  障害年金は一度支給されれば永久にもらえますか?

A 障害年金には永久認定と有期認定があります。
障害年金は手足を切断したような障害の状態が変わることがない場合には永久認定となります。
しかし、精神疾患や内部障害は障害の程度が変わることがありますので、有期認定となります。有期認定の場合、定期的に年金の更新があり、日本年金機構から数年おきに診断書の提出を求められます。
診断書を提出し、審査の結果障害の程度が軽くなったと判断されれば、下の等級に変更または年金の支給が停止されます。 逆に重くなったと判断されれば上の等級に変更されます。

 


Q18  障害認定日時点より障害状態が悪化したのですが障害年金は受けられますか?

.A 障害認定日時点では1~3級の障害状態になくても、その後65歳までに障害の状態が悪化し、1~3級の障害の状態になった場合は、請求することにより、請求された月の翌月分から障害年金を受けられます。これを事後重症制度といいます。

 


Q 19 障害年金3級を受給中ですが、障害の状態が悪化したので1級か2級を受給することはできますか?

A 障害の状態が悪化又は良くなった場合には、年金額が改定されます。この改定は、ご本人の請求によるほか、日本年金機構が年金受給者に対して、障害状態確認のため定期的に提出を求める診断書によっても行われることがあります。

 


Q 20 障害年金の振込はどうなるのですか?

A 初回の振込だけ事務手続の関係で変則的になることがありますが、2回目以降は偶数月の15日に、前2ヵ月分が振り込まれます。年金は、常に後払いです。
例えば、8月15日に振り込まれる年金は6月分と7月分です。15日が金融機関休業日の場合は、その前の営業日に振り込まれます。

 


Q 21 年金事務所での相談内容は記録されているの?

A 相談の内容は全て記録されています。年金事務所の担当者との会話は、ご自身にとっての有利な事、そして不利な事、その全てが記録されます。

 


Q22  障害年金と傷病手当金は両方受給できますか?

傷病手当金は、健康保険の被保険者が療養のため労務に服することができないとき、支給開始から1年6か月を限度に支給されます。
障害厚生年金を受給している人が、同一の傷病で傷病手当金を受給できる場合、障害厚生年金が優先支給され、傷病手当金は支給停止となります。ただし、障害厚生年金の年額(同一の支給理由に基き障害基礎年の支給を受けることができるときは、障害厚生年金と障害基礎年金の額との合計額)の1/360の金額が、傷病手当金の日額に満たない場合、その差額が傷病手当金として支給されます。

 


Q 23 労災保険の保険給付と障害年金とは調整されますか?

A 労災保険の支給と同一の事由により、負傷、疾病、障害、死亡した場合には、社会保険と労災保険の両制度から二重に保険給付が受けられることがあります。
この場合、障害年金等の社会保険の側の保険給付が全額支給され、労災保険の保険給付のみが次の表の調整率を乗ずることによって減額調整されます。

 


Q 24 自立支受けていても障害年金を受給できますか?

A 自立支援を受けながら障害年金を受給することはできます。自立支援法は、障害者及び障害児が自立した日常生活または社会生活を送ることができるように必要なサービスや給付などの支援を行う制度です。障害者を対象としたサービスは、介護給付や訓練等給付、自立支援医療などの支援を行う「自立支援給付」と、相談支援や移動支援、日常生活用具の給付又は貸与などの「地域生活支援事業」に大別されます。

障害に対する継続的な医療費の自己負担率が1割になるという利用者負担の軽減措置を活用することもできます。両方を活用することで経済的な負担を軽くすることができます。
自立支援法のサービスや給付を希望する場合は、市町村の窓口に申請し障害程度区分について認定を受ける必要があります。

 


Q25  精神障害で障害年金を受給中です。働くと障害年金は受給できなくなりますか?

A 働いているからと言って、必ずしも障害年金が受給できなくなるわけではありません。
ただ、精神障害の場合は特に、労働能力があるかどうかということが認定に大きく関わってきます。どの程度の仕事を、どのくらいの時間と日数働けるのか、周りの人がどのくらい援助しているかなどにもよります。次回提出する「障害状態確認届(現況診断書)」の障害の状態により、等級が下がったり、支給停止になることがあるかもしれません。

 


Q 26 障害年金を受給していると、就職するとき不利になりますか?

A 就職の際、会社に年金手帳を提出することがあると思いますが、年金手帳に障害年金について記載されることはありませんので、就職先の会社に障害年金を受給していることがわかることはありません。
また、障害年金について、会社に通知されることもありません。

 


Q 27 障害年金を申請してから結果が出るまで、どれくらい時間がかかりますか?

A 障害基礎年金は3ヵ月前後、障害厚生年金は3~4ヵ月程度かかります。

審査の段階で、診断書等の内容を主治医や請求者に照会することがあります。そうした場合、結果が出るまでにはもう少し時間がかかります。
審査結果は、請求書の住所に文書で送られてきます。支給が決定された場合は、年金証書と年金受給者へのしおりが入っています。不支給が決定された場合は、不支給決定通知書が入っています。
審査の結果に不服がある場合は、その決定を知った日の翌日から60日以内に文書または口頭で、地方厚生局内にある社会保険審査官に審査請求という不服申し立てをすることができます。

 


Q28  障害年金に係る税金?

A 障害年金は、老齢年金のように税金をかけられることはありません。

 


Q29  障害年金を受給するうえで注意することはありますか?

A 障害年金は非課税ですので、年末調整や確定申告の必要はありません。
注意してなくてはならないのは、ご家族の健康保険の扶養に入る際、障害年金の受給額は収入とみなされます。

 


Q 30 社労士を選ぶポイントは?

A その社労士と相性がいいか、経験者か、どこまでやってくれるか、親身になり、誠実に一生懸命やってくれるかではないでしょうか。
社労士に頼んだから必ず障害年金が貰えるとは限りません。ただ、実績のある社労士の場合、私の知る限り一般の方に比べるとかなり高い確率で受給しています。

 


Q 31障害年金を受給していますが老齢年金を受給できるようになったときはどうなるの?

A障害年金と老齢年金のいずれか有利な方を選ぶことになります。なお、65歳からは障害基礎年金と老齢厚生年金または老齢基礎年金と老齢厚生年金という組み合わせで選ぶことができます。

 


Q 32 20歳前の病気でも障害年金をもらえるのですか?

A20歳前は年金保険料を納める義務はありません(20歳前の厚生年金加入は除く)ので、20歳前に初診日のある病気やケガについては、年金保険料を納めていなくても対象となります。

 


Q 33 今、自分で年金請求準備中ですが、途中からでも依頼できますか?

Aはい、ご相談下さい。まず状況をお聞きし疑問にお答えします。それで納得いただければご依頼を受けさせていただきます。

 

 


Q   34  仕事をしていて収入があるのですが、障害年金は減額されますか?

A 20歳以降の傷病による障害基礎年金であれば減額されることはありません。
また、障害厚生年金については減額されることはありません。
減額される事があるのは、障害年金で、20歳前の傷病が原因で障害基礎年金をもらう場合です。

くわしくは→ こちら

 


Q 35 障害年金と傷病手当金  両方もらえるの?

A同じ傷病により、障害厚生年金と傷病手当金を受給できる場合は、原則として傷病手当金の方が全額支給停止となり障害厚生年金が支給されます。障害基礎年金のみ受給している場合は併給調整されることなく、両方とも全額受給できます。

くわしくは→ こちら

 


 

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP