障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

3つのこだわり

  • HOME »
  • 3つのこだわり

3つのこだわり


1 目指すのは認定日請求

障害年金の請求方法は大きく分けて認定日請求と事後重症請求があります。

原則として、障害年金の対象となる傷病で初めて医師の診断を受けた日(初診日)から1年6ヶ月を経過した日を障害認定日といいます。

認定日請求

その障害認定日を基準に障害年金を請求するのが認定日請求です。

認定日請求の場合は請求するのが遅れても5年までさかのぼり受給することができます。

事後重症請求

障害認定日には障害等級の状態に該当しなかったが、その後65歳に達する日の前日までの間に障害の程度が障害等級の状態に該当したときに、その期間内に請求することにより障害年金を受給することができます。

しかし受給できるのは請求した月の翌月からとなります。

このように、受給できる期間が違いますので事後重症請求より認定日請求のほうが受給額が大きくなります。

例えば、障害基礎年金2級を認定日請求で5年間遡って受給できた場合を見てみると

779,300円 ✕ 5年 = 3,896,500円 (2018年4月現在)

最大 3,896,500円も認定日請求のほうが有利となります。

しかし、認定日請求できないこともあります。

私達は認定日請求を目標としてあらゆる面から、

あなたにとって有利な請求を行います。

 

2 少しでも可能性があればあきらめずサポート

皆さん傷病に苦しみ毎日の生活にたいへんな思いをされ、どうにかして障害年金をもらいたいとご相談いただきます。

私達はそのようなお気持ちにお応えし、できるだけ多くの方が障害年金をもらえるようにと日々取り組んでいます。

障害年金は複雑な制度です。そして毎年のように改正もあり、ネット上には古い情報などが氾濫し間違った知識を信じて請求し不支給となるケースもよく耳にします。

ちょっとした知識の差で残念な結果となることも・・・

障害年金には不服申立として審査請求、再審査請求の制度があります。

障害年金を請求するとき請求段階では受給は認められないけど、審査請求、再審査請求まで行けば受給の可能性がある場合があります。

そういった場合には請求のときから審査請求、再審査請求することを前提とした準備を行います。

難しい請求は受けず、審査請求、再審査請求もせず受給率を気にする社労士もいますが・・・

「少しでも受給の可能性があれば、

あきらめずにサポートする」

これが私達のこだわりです。

 

3 直接会って話を聞かせていただきます(無料出張相談)

障害年金のご相談を受けたとき、私たちは必ず一度は直接お会いしてお話を聞かせていただくようにしています。

最近は便利になって、メール、ライン、電話など直接会わなくても、コミュニケーションを取れるようになりました。

でも、メール等で障害年金に必要な細やかな情報が伝わるでしょうか?
誤解を生む可能性はないでしょうか?

メールを書くというのは文章を書くということです。
思っていること、身体の症状、例えば痛みがどのようにあるのかその表現を文章で伝えるというのはすごく難しいことだと思います。

電話は音声によって伝えるのでメールに比べると伝わりやすいですが直接会って話すことに比べれば不十分です。

直接会って話せば、声だけでなく、その人の周りの状況、動作、表情や身ぶり手ぶりなどからいろいろな情報が伝わります。

紙に図を書いたり、実物を見てもらいながら説明することができます。
あなたの顔を見ながら話せるので、違うニュアンスで伝わった場合などでも反応がわかるので修正することができます。

あなたが私の説明を理解してくれているかがわかリます。

お会いして話すことで反応がすぐに帰ってくるので言葉のキャッチボールができ情報量も多くなります。

あまり重要なことでなければメールでいいと思いますが、

障害年金の相談はその人の人生にかかわる

とても重要なことです。

重要なことは直接お会いして話すのが大切だと

私たちは思っています。

あなたに一度お会いできれば何としてでもお力になりたいという気持ちもより強くなります。

 

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP