障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

20歳前に障害になったら障害年金は?

  • HOME »
  • 20歳前に障害になったら障害年金は?

 

障害年金で使われる用語で20歳前傷病(はたちまえしょうびょう)があります。

今の年金制度では、20歳になると年金制度に加入することになります。
(ただし、20歳前でも高校を卒業して就職した場合などは、20歳前でも厚生年金に加入することになります)

年金制度に加入すると、当然年金保険料を納付する義務があります。
20歳後に初診日がある障害年金については、保険料を納めているかどうかの保険料納付要件を満たしていなければ障害年金を受給することができません。

では、生まれついての障害、20歳前の病気やケガなど、年金制度に加入する前の障害、病気やケガの場合には保険料を納めていないので障害年金は受給できないのでしょうか?
いいえそんなことはありません。

20歳より前に初診日がある場合は保険料納付要件を満たさなくても20歳前の障害基礎年金(障害状態2級以上に該当する必要があります)を受給することができます。

20歳前の障害基礎年金の障害認定日は、20歳になった日に初診日から1年6か月を経過しているときは20歳になった日が障害認定日となります。
20歳になった日に初診日から1年6か月を経過していない場合は1年6か月を経過した日が障害認定日になります。

20歳前障害基礎年金は保険料納付要件が問われない分、次のような制限があります。

○ 受給者の前年の所得額により、加給年金額を除く年金の全部または一部が支給停止されます。
全額支給停止 所得額が462.1万円以上
扶養家族がいる場合は上記金額に一人に月38万円を加算

半額支給停止 所得額が360.4万円以上
扶養家族がいる場合は上記金額に一人に月38万円を加算

○ 受給者が次の法律等に基づく給付を受ける場合には原則的に支給停止になります。
労働者災害補償保険法、国家公務員災害補償法、地方公務員災害補償法及び同法に基づく条例、船員保険法、公立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する法律に基づく条例  など

○ 日本国内に住所がないときは全額停止になります。

20歳前障害基礎年金の場合には初診日の証明や障害認定日の診断書の作成が難しいことも多いと思います。
そのようなときでもあきらめないでご相談ください。

———————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。

メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください

電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください

——————————————————————————————————-—————————————

 

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP