障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

高次能機能障害で障害年金を受給する!!

  • HOME »
  • 高次能機能障害で障害年金を受給する!!

高次能機能障害とは?

高次脳機能障害の原因で最も多いのは、脳血管障害(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血など)で、次に交通事故や転落などでの外傷性脳損傷(頭部外傷、脳外傷)です。

脳卒中や交通事故などで脳が損傷されると記憶障害、注意障害、遂行機能障害、失語、失行、社会的行動障害などの症状が出ることがあります。

具体的には、

記憶障害
約束を守れない、何度も同じことを聞いたり、物をしまっている場所を忘れるなど、日常生活を送るうえでも、仕事をするうえでも支障が出てきます。

注意障害、
ぼんやりしてミスが多い。与えられた仕事を長く続けらないのですぐに放り投げてしまう。二つのことを同時にすると混乱してしまう。など物事に集中して取り組むことができない。

遂行機能障害
自分で計画を立てものごとを実行することができない。人に指示を出してもらわないと何もできない。行き当たりばったりの行動をとる。約束の時間に会わない。

社会的行動障害
興奮する、暴力をふるう。自己中心的になる。思い通りにならないと大声を出す。すぐ他人に頼る。一つのことにこだわって他のことができない。意欲が低下する。

病識欠如
自分が障害を持っていることに対する認識がうまくできない。

など、脳の損傷した場所によって症状は異なりますが、主に記憶力、注意力の低下など・・・
とくに重要なのは記憶力の低下で症状が重くなると日常生活で援助が必要になったり、就労できず収入を得ることができないことがあります。そのような場合には障害年金の請求を検討してみましょう。

認定基準
高次能機能障害は、認定基準では症状性を含む器質性精神障害に含まれます。
認定基準の一部例示は次のとおりです。

<1級>
高度の認知障害、高度の人格変化、その他の高度の精神神経症状が著明なため、常時の援助が必要なもの

<2級>
認知障害、人格変化、その他の精神神経症状が著明なため、日常生活が著しいい制限を受けるもの

<3級>
1.認知障害、人格変化は著しくないが、その他の精神神経症状があり、労働が制限を受けるもの
2.認知障害のため、労働が著しい制限を受けるもの

<障害手当金>
認知障害のため、労働が制限を受けるもの

高次能機能障害とは、脳損傷に起因する認知障害全般を指し、日常生活または社会生活に制約があるものが認定の対象となる。その障害の主な症状としては、失語、失行、失認のほか記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などがある。
なお、障害の状態は、代償機能やリハビリテーションにより好転も見られることから療養および症状の経過を十分考慮する。
また、失語の障害については、「音声または言語機能の障害」の認定要領により認定する。

日常生活能力等の判定に当たっては、身体的機能および精神的機能を考慮のうえ、社会的な適応性の程度によって判断するよう努める。また、現に仕事に従事している者については、労働に従事していることをもって、直ちに日常生活能力が向上したものと捉えず、その療養状況を考慮するとともに、仕事の種類、内容、就労状況、仕事場で受けている援助の内容、他の従業員との意思疎通の状況等を十分確認したうえで日常生活能力を判断すること。

高次能機能障害の診断書
高次能機能障害は精神障害用診断書(様式第120号の4)を使いますが、手足のまひ等肢体の障害があるときは肢体の障害用診断書(様式第120号の3)、失語の障害があるときは言語機能用診断書(様式第120号の2)を使い、精神の障害と併合認定されます。

精神障害用診断書の場合には、適切な食事、身辺の清潔保持、金銭管理と買い物、通院、服薬、他人との意思伝達および対人関係、安全保持、危機管理、社会性などの日常生活の状況で認定される等級が決まりますので、主治医に日ごろから状況を伝えることが大切です。

障害年金をもらうための要件などについてはこちらをご覧ください。

 

———————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。

メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください

電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください

——————————————————————————————————-—————————————

 

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP