障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

障害年金の障害認定日とは?

  • HOME »
  • 障害年金の障害認定日とは?

例えば、あなたは交通事故で大けがをして車椅子生活を余儀なくされました。しかし、負けん気の強いあなたは一生懸命リハビリに励み半年後には杖を使えば歩けるようになりました。この時点で障害年金の請求をしたところ3級に認定されました。

同じころに同じ大けがで車椅子生活をしているAさんがいます。Aさんは事故から1か月後に障害年金の請求をしました、すると1級に認定されました。
(わかりやすくするため認定基準等は考慮していません)

どうでしょうか?実際こういったことはあり得ませんが、仮にこのようなことがあれば、あなたは3級でAさんは1級です。すごく不公平だと思いませんか?

このようなことがないように、障害年金では「障害認定日」を設けています。
文字どおり「障害の程度を認定する日」です。障害年金の請求は障害認定日を過ぎてからでないと請求できません。この障害認定日は原則として、請求する傷病の初診日から1年6か月を経過した日となります。

障害が続いている状態でその障害の症状がある程度固定するであろう期間が1年6か月ということです。最初のたとえ話のように半年後では3級、1か月後は1級などと、請求する時期によって障害の状態は違ってきます。そういったことがないよう症状が固定するであろう障害認定日が設けられています。

原則、初診日から1年6か月が障害認定日となりますが例外もあります。
傷病によっては傷病が治る(症状が固定)場合があります。その場合には原則の1年6か月の障害認定日まで待つのは本人にとっては不利になります。

そうしたことから、例外が設けられています。
1年6か月を経過する前に障害認定日とされる日
・咽頭全摘出した日
・脳疾患を発症した日から6月経過後に医師により症状固定と認定された日
・身体の一部を切断または離断した日
・人工骨頭または人工関節を挿入置換した日
・人工弁または心臓ペースメーカーを装着した日
・在宅酸素療法を開始した日
・人工肛門造設、尿路変更術、新膀胱造設をしたときはそれらを行った日から6月を経過した日
・人工透析を開始してから3月を経過した日
・在宅酸素療法を開始した日
・心臓移植、人工心臓、補助人工心臓は移植日または装着日

などです。

これら例外を見て見ると分かるように、これ以上治療しても改善が見込めない。すなわち症状が固定した日と考えます。このような考えからその日を障害認定日とみなし障害年金の請求ができるわけです。

他にも、二十歳前傷病による障害基礎年金の場合は、障害認定日以後に20歳に達したときは20歳に達した日、障害認定日が20歳に達した日後であるときはその日となります。

 

———————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。

メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください

電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください

——————————————————————————————————-—————————————

 

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP