障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

障害年金の初診日証明ができないとお悩みのあなた!!

  • HOME »
  • 障害年金の初診日証明ができないとお悩みのあなた!!

平成27年10月より障害年金の初診日を確認する方法が追加されています。もし、あなたが過去に初診日が不明で不支給だった場合、再度申請することができるかもしれません。

初診日を証明する書類がない場合に「初診日証明の参考書類」を添付することで以下に該当する場合に、本人の申し立てた初診日が認められる可能性があります。

1.初診日について第三者が証明する書類があり、他にも客観的な資料がある場合

・第三者の証明で初診日を証明するためには、第三者証明の申立書と、診察券や入院記録など初診日について客観的な他の資料が必要となります。

・第三者証明は第3親等以内の身内は認められません。友人、知人、民生委員などで当時の受信状況を申し立てる事ができるもの

・当時の受診状況を知っている担当医師、看護師、その他医療従事者。ただし、直接受診状況を見ていない医療従事者の場合、認められないことがあります。

・原則として複数の第三者証明が必要です。医療従事者の場合には、初診日頃の受診状況を直接的に見ていれば単独でも認められます。

・第三者証明を行うものが請求者や請求者の家族から請求時から概ね5年以上前に、初診日頃の受診状況を聞いていた場合にその受診状況を申し立てるものであること。

2.初診日が一定の期間内にあることを示す客観的資料があり、保険料納付要件など一定の条件を満たしている場合
あなたが、大まかに何年あたりが初診日だと分かっている場合とか、年月までは分かっているけど日にちまでは特定できないといったことがあるかもしれません。
初診日が特定できなくても、以下に該当すれば初診日が認められる場合があります。

(1)初診日があると確認された一定の期間中、同一の公的年金に継続的に加入していた場合
初診日があると確認された一定の期間すべてが国民年金の加入のみであるなど同一の公的年金制度の加入期間となっており、かつ、その一定の期間のいずれの時点においても、障害年金の保険料納付要件を満たしている場合は、その一定の期間中で請求者が申し立てた初診日を認めることができます。

(2)初診日があると確認された一定期間の中で、異なる公的年金に継続的に加入していた場合
初診日があると確認された一定の期間すべてが国民年金と厚生年金の加入期間など異なる公的年金制度の加入期間となっており、かつ、その一定の期間のいずれの時点においても、障害年金の保険料納付要件を満たしている場合は、請求者申立ての初診日について参考となる他の資料とあわせて初診日を認めることができます。
初診日の証明方法には様々な方法があります。
あなたが、初診日だと思っていても、違う日が初診日だということもあります。
初診日を確定、証明できないと障害年金の請求はできません・・・

———————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、障害年金の無料相談・無料出張相談を行っています。 なお、匿名でのご相談は受けておりませんのでご了承ください。

メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください
電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP