障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

障害年金の初めて2級の請求とは?

  • HOME »
  • 障害年金の初めて2級の請求とは?

「初めて2級の請求」は障害年金で使われる請求方法の一つです。
3級又は3級より軽い障害の状態だった人が新たな傷病にかかり併せると障害が重くなったということはよくあります。

このように、3級以下の障害の状態にある人が、新たな傷病にかかりその傷病でも障害状態になり、その前後の障害を併せると2級以上になる場合に障害年金を請求できます。
これを「初めて2級の請求」と呼んでいます。

<例>
前の障害Aは障害等級に該当しなかったが、後の障害Bと併せると障害等級2級以上に該当したので請求し翌月から障害年金を受給できました。

<概要>
1.前の障害は3級又は3級より軽い障害状態でなければ請求できません。
一度でも単独で2級があった場合は対象となりません。

2.新たな傷病(基準傷病といいます)は、初診日が被保険者期間中であること(加入要件)。初診日前に保険料納付要件を満たしていること(保険料納付要件)。
前の障害の加入要件及び保険料納付要件は問われません。

3.新たな障害と前の障害とを併せて、65歳に達する日の前日までに障害認定基準2級以上の障害状態でなければならない。請求の期限はないので65歳以降でも請求できます。

4.請求した月の翌月から支給されます。

5.基準傷病の初診日に加入していた年金制度から年金が支給されます。

6.初診日がすべて20歳前の場合は初めて2級の対象とはなりません。

次のようなケースがあります。

○ 前の障害時には保険料納付要件を満たせず、障害年金を請求することができなかった場合でも、基準障害(後の障害)の時に保険料納付要件を満たしていれば請求することができます。

○ 前の障害の初診日が国民年金加入中であっても、基準障害(後の障害)の初診日が厚生年金加入中であれば、前後の障害を併せて2級となった場合は障害厚生年金2級と障害基礎年金2級を受給することができます。

○ 前の障害の初診日が厚生年金期間であっても、基準障害(後の障害)が国民年金加入中である場合には、前後の障害を併せて2級となっても障害基礎年金しか受給できません。
この場合、前の障害が3級に該当していれば、障害厚生年金3級になりますので、その方が障害基礎年金2級より有利になる人もいますので、どちらか有利な方を選択することになります。

受給開始は、障害年金の請求をした月の翌月からとなりますので併合して2級以上に該当すると思ったらなるべく早く請求してください。遅れれば遅れるだけ損をすることになります。

———————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。

メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください

電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください

——————————————————————————————————-—————————————

 

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP