障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

障害年金と障害者手帳のよくある誤解

  • HOME »
  • 障害年金と障害者手帳のよくある誤解

「私、障害者手帳2級をもっているので、障害年金も2級をもらえますよね?」相談時によくこのような質問を受けます。

いいえ、障害年金と障害者手帳は全く別の制度で認定基準も違いますから同じ等級になるとは限りません。また、障害者手帳を持っていなくても障害年金を申請することができます。

障害者手帳は都道府県によって障害認定基準が違いますので注意が必要です。詳しくは住んでいる市区町村の障害福祉担当窓口(市区町村によって福祉事務所や福祉担当課など異なります)に聞いてください。

障害者手帳と言われるものは3種類あります。
・身体障害者手帳
・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳

1.身体障害者手帳
一定の障害がある18歳以上の方に対して、都道府県知事から交付され、各種の福祉サービスを受けることができます。

等級は1級から7級までありますが、7級単独の障害では身体障害者手帳は交付されず、7級の障害が重複して6級以上となった場合に手帳が交付されます。

障害年金との関係で誤解されることが多いのが、人工弁の移植をされた人で障害者手帳は1級になりますが、障害年金では原則3級になります。

人工肛門(ストーマ)の造設は身体障害者手帳では4級ですが障害年金は3級です。ここで怖いのが身体障害者手帳と年金の等級は同じだと誤解している人が、障害年金は3級までしかないから4級では障害年金はもらえないとあきらめてしまう可能性があるということです。
あきらめる前にもう一度、年金事務所や専門家に相談してください。

2.精神障害者保健福祉手帳
一定程度の精神障害の状態にあることを証明するものです。精神障害者の自立と社会参加の促進を図ることを目的とし、手帳を持っていると様々な支援をうけることができます。

精神障害者保健福祉手帳の等級は1級から3級となっています。1級、2級は障害年金とほぼ同じ基準とされています。しかし、実際にはいろいろな条件により異なることもありますので参考程度ということにしてください。

精神障害で障害年金の認定がされた場合に、精神障害者保健福祉手帳をまだお持ちでない方は手帳申請時に診断書が不要になります。診断書の代わりに障害年金の年金証書や振り込み通知書を添付することで障害年金と同じ等級の手帳がもらえます。診断書代の節約になります。

これとは逆に精神障害者保健福祉手帳をもっているからといって、同じ等級の障害年金の認定がされることはありません。障害年金を請求する場合には障害年金用の診断書を提出します。そして結果は手帳と異なる等級で認定されることもあります。

3.療育手帳
知的障害のある方に交付される手帳です。教育面、金銭面をはじめ、将来の就労まで支援してくれる制度です。

療育手帳は別の名称で呼ばれている地域もあります。例えば、東京都は「愛の手帳」、埼玉県は「みどりの手帳」などです。

療育手帳は各自治体の独自制度のため、判定区分は自治体によって判定基準に若干の違いがあります。

障害の判定には、知能指数IQを使います。IQの数値の他に、日常生活の能力などを参考に、総合的に判定して決められます。その総合判定の結果で、重度Aや中軽度Bなどの、療育手帳の等級が最終的に決定せれます。

最後にもう一度確認していただきたいのは、障害年金と障害者手帳の等級は違うということ。そして、障害手帳と併せて障害年金の請求も検討することで金銭的負担を軽減できるということです。

———————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。

メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください

電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください

——————————————————————————————————-—————————————

 

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP