障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

障害年金と生活保護ではどちらが得なの?

  • HOME »
  • 障害年金と生活保護ではどちらが得なの?

あなたは「障害年金と生活保護どっちが得なんだろう」と考えたことありませんか?

相談を受けるなかで「障害年金をもらって生活保護は切られるたら大変」とか「生活保護と障害年金を両方もらって生活が楽になるのでは」など、いろいろな話を聞きます。

障害年金と生活保護は制度が違うのでわかりにくいですね。

まず、生活保護と障害年金はどのように違うのかを見てみましょう。


生活保護

障害年金

受給の
条件

世帯の収入が法律で決められた最低生活費より低い。 働くことができない人 。 下記の資産、収入、親族による援助がないこと。

病気やけがの状態が続き働けないか、働くことに支障がある場合。 資産、収入、親族による援助は関係なし。

資産

資産をもっていない人。 すべての資産を売却して、それでも生活費が確保できない場合は受給できる。

資産があっても支給される。

収入

収入が増えると生活保護が終了されたり、生活保護費が減額される。

原則、収入が増えても支給される。減額もない。例外的に、未成年からの病気やけがによる障害の場合は、障害年金に所得制限がある。

親族による援助がある

生活保護は終了になる。

支給される。

どうでしょう!!

生活保護より障害年金のほうがメリット大きい。

と思われたのではないでしょうか!!

生活保護を受給するには多くの制限があります。それに比べて障害年金は制限が少ないですね。

それと、生活保護は他の公的な制度を受けることができる場合は、先にその制度を受けることが前提となっています。

市町村も、生活保護費を削減しようと、生活保護受給者に対して障害年金の申請をすすめています。

では、障害年金を受給したほうがいいの?

いいえ

障害年金と生活保護を同時受給

するのがいいというのが私の結論です。

ただし、障害年金と生活保護を同時にもらうことはできますが両方とも全額もらうことはできません。

ではどうなるかといいますと、生活保護を受けていると、生活保護費から障害年金の額が差し引かれます。

例えば、生活保護10万円を受給していて、障害年金8万円を新たに受給できるようになったとすると

障害年金8万円と生活保護2万円(生活保護10万円-障害年金8万円=2万円)を受給となります。 

 障害年金の額だけ生活保護費が減額されてしまいます。この場合だと受給額は生活保護の10万円と変わりません。

生活保護費が増える

障害年金を受給すると生活保護に障害者加算が付き、生活保護費が増えることがあります。

◯ 障害者加算

生活保護を受けていて障害の状態にあると生活保護に障害者加算が支給されます。

◯支給の要件としては

・障害年金1級または2級に該当する障害があること

・身体障害者手帳1級~3級に該当すること

◯加算額

加算額は障害の状態によって違いますが、約15000円~26000円くらいです。

その他のメリット

もし、あなたが働けるようになり収入ができた場合、収入が生活保護が受給できる収入の基準を上回ったときは、生活保護はなくなります。

しかし、そのような場合でも、病気やけがで仕事に支障がある状態の場合は、障害年金は受給できます。

障害年金は生活保護と違って、資産があっても受給できます。

また働きながら障害年金を受給することができることもあります。  

障害年金と生活保護は同時受給が可能です。障害年金と生活保護の制度の違いを理解したうえで、同時受給して両方のメリットを生かして生活を安定させていくことが大切です。

生活保護費の返還

生活保護受給中に障害年金の受給が決まった場合、受給した障害年金の金額の限度で、生活保護費の返還をしなければならないことがあります。

障害年金の申請方法で「遡及請求」という方法があります。遡及請求は過去にさかのぼって障害年金を受給することができる場合があります。

遡及請求で障害年金の受給が決まると、過去の分も含めた障害年金が初回にまとめて支給されます。
この場合、生活保護費の返還を市町村から求められますので注意が必要です。

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP