障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

精神障害者保健福祉手帳を取得しませんか?

  • HOME »
  • 精神障害者保健福祉手帳を取得しませんか?

精神障害者保健福祉手帳は、一定程度の精神障害の状態にあることを認定し公的に示すためのものです。障害者手帳を取得すると税金の控除や公的料金の減免、福祉サービスなど様々なサービスを受けることができます。

対象となる方は
精神疾患により、長期にわたり日常生活や社会生活への制約がある方を対象としています。

対象となるのは全ての精神疾患で、
うつ病、そううつ病などの気分障害
統合失調症
発達障害(自閉症、学習障害、注意欠陥多動性障害等)
てんかん
薬物やアルコールによる急性中毒又はその依存症
高次脳機能障害
その他の精神疾患(ストレス関連障害等)

などの方です。

手帳を受けるためのながれ
1.市区町村の障害福祉窓口で「診断書(精神障害者保健福祉手帳用)」の用紙をもらう
2.指定された医師に「診断書」を記入してもらう
3.市区町村の障害福祉窓口に次の4つを提出します
・申請書
・診断書(精神障害者保健福祉手帳用または障害年金証書などの写し
・顔写真
・マイナンバーがわかるもの

手帳の有効期限は2年間です。続けて手帳が必要な方は更新手続き忘れないよう気を付けましょう。有効期限の3か月前から申請できます。

手帳の等級は1~3級となっています。

1級
精神障害であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度

2級
精神障害であって、日常生活が著しい制限を受けるか、または日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度

3級
精神障害であって、日常生活もしくは社会生活が制限を受けるか、または日常生活もしくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度

 

徳島県の精神障害者保健福祉手帳で受けられるサービス

○所得税の控除  税務署
○住民税の控除  市町村
○自動車税の減税 東部県税局自動車税庁舎
軽自動車 市町村
○バス運賃の割引
民間バス会社
市町村営バス
※バス会社により割引の有無や割引の内容は異なる。
○県営住宅への優先入居(選考の上、入居者を決定) 徳島県住宅供給公社
○NHK放送受信料の減免(市町村長または福祉事務所長の証明が必要) 放送局、市町村、福祉事務所
○県立施設の施設利用料の減免 各施設(障害者交流プラザ、県立博物館、県立近代美術館、あすたむらんど徳島、等)などです。
市町村で独自にサービスを行っている場合がありますので、詳しくは市町村福祉課等の担当窓口におたずねください。

メリット
障害者雇用促進法に基づき、50人以上の従業員数を雇っている一般事業主は、従業員数の2.0%以上、障害者を雇用しなければなりません。

こうしたこともあり、企業は障害者雇用を進めています。そして雇用率に算定されるのは、障害者手帳を持っている人だけです。障害者手帳を持っていると、一般採用だけでなく、障害者雇用での募集にも応募できますから、選択肢が広がります。

———————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。

メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください

電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください

——————————————————————————————————-—————————————

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP