障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

人工肛門(ストーマ)を造設した人だけ読んでください !!

  • HOME »
  • 人工肛門(ストーマ)を造設した人だけ読んでください !!

ストーマとは、手術などによって腹壁に作られた、便や尿の出口のことをいいます。
ストーマも認定基準を満たせば障害年金をもらうことができます。

 

ストーマの種類

 

人工肛門 (消化器ストーマ)
便が排出されるストーマ
主な原因としては大腸がん、直腸がん、小腸がんなど

 

尿路変更 (尿路ストーマ)
尿が排出されるストーマ
主な原因としては膀胱がん・前立腺がん、尿道がん、子宮がんなど

 

新膀胱
自分の腸などを使い人工的に新しい膀胱を作るもの

 

障害年金の認定基準

人工肛門、尿路変更、新膀胱を造設している場合は原則3級に認定されます。

ここで問題になるのが、人工肛門などの造設の原因となった傷病のために初めて病院を受診した日(初診日)に加入していた年金制度です。
障害厚生年金は1~3級までありますので、初診日に厚生年金に加入していた場合は、納付要件を満たしていれば障害年金をもらうことができます。

ところが、障害基礎年金(国民年金)は1級と2級しかありませんので初診日に国民年金に加入していた場合は3級では障害年金をもらうことができません。

ただし、人工肛門に加えて新膀胱、尿路変更などを行うことがあります。そのような場合には、2級に認定されます。

2級と認定されるもの(初診日に国民年金に加入していた場合でも障害年金が支給されます。)

 

人工肛門+新膀胱を造設または尿路変更術を施した場合

 

人工肛門+完全排尿障害状態の場合

※完全排尿障害とはカテーテル留置または自己導尿の常時施行を必要とするもの

 

いつから障害年金を請求できるの?
原則は病気やケガのために初めて病院を受診した日(初診日)から1年6ヶ月以降となります。1年6ヶ月経過した日のことを「障害認定日」と言います。

しかし、人工肛門や新膀胱、尿路変更の場合は、初診日から1年6ヶ月が経過していなくも、障害年金を請求することができます。

いろんなパターンがあるので注意してください!!

※ 初診日から1年6月超える場合を除きます

パターン 障害認定日とされる日
人工肛門造設 造設を行った日から6月経過した日
尿路変更術 施術を行った日から6月経過した日
新膀胱造設 造設を行った日
人工肛門造設し、かつ
人工膀胱造設
人工肛門造設から6月経過した日または新膀胱を造設した日のいずれか遅い日
人工肛門造設し、かつ
尿路変更術
施術の遅い日から6月を経過した日
人工肛門造設し、かつ
完全排尿障害状態に         ある場合
施術の行われた日または完全排尿障害に至った日のいずれか遅い日から6月を経過した日

 

よくある勘違いとして、人工肛門、新膀胱、尿路変更などの手術をしたが、その後は日常生活も普通に送れているし、働いてもいるので障害年金はもらえないと思っている人がいます。
人工肛門、新膀胱、尿路変更などの場合には働いていても障害年金をもらうことができます。

 

弊所では無料相談を行っています。
相談をしたからと、しつこく営業をすることはありませんのでお気軽にご相談ください。

—————————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、障害年金の無料相談・無料出張相談を行っています。
メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください
電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください
——————————————————————————————————-———————————————

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP