障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

ペースメーカーを装着している方だけ読んでください!!

  • HOME »
  • ペースメーカーを装着している方だけ読んでください!!

ペースメーカーやICDを装着すると原則として3級以上の障害年金をもらうことができます。

障害年金の認定は「日常生活を送るうえでの支障の程度、家族等からの援助、どの程度の仕事ができるか」などが判断基準となる場合が多いのですが、ペースメーカーを装着している場合は、装着後、日常生活に支障がなくても、仕事をしていても、認定されないということはほぼありません。

一般的にペースメーカーと言われているものには、いくつかの種類があります。装着しているペースメーカーの種類によって障害年金の認定基準が異なりますので結果、障害等級も違ってくることになります。

ペースメーカーの種類
まず、初めにペースメーカーの種類について簡単に説明します。

CRT (心臓再同期医療機器)心臓内の収縮のタイミングのズレを補正することで、正常に近いポンプ機能をとり戻す治療機器。

CRT-D (除細動器機能付き心臓再同期医療機器)通常のペースメーカ機能に加え、心不全治療機能のCRTと致死性の不整脈(心室頻拍、心室拍動)を治療するICDの機能を搭載した植込み型の治療機器。

心臓ペースメーカー 心臓の鼓動が途切れたことを検知すると、電気的刺激を心臓に送り、正常なリズムで鼓動させるようにする治療機器。

ICD (埋込み型除細動器)心室頻拍や心室細動などの、いわゆる致死性の不整脈の治療を行う医療機器。

障害等級
CRT、CRT-Dの場合
CRT若しくはCRT-Dを装着している場合には、原則的に2級に該当します。

心臓ペースメーカー、ICDの場合
心臓ペースメーカー若しくはICDを装着している場合には、原則的に3級に該当します。
障害基礎年金は1級と2級しかありませんので3級では障害年金を受給することができません。

心臓ペースメーカー、ICD を装着している場合で2級に認定される可能性があるのは、ペースメーカー装着後に、心電図、エックス線、心エコー図等で異常検査所見が確認され、日常生活に支障がある場合です。

その支障の程度は、診断書の「一般状態区分表」に5段階で示されています。
2級に認定されるためには「一般状態区分表」でウまたはエに該当することが必要です。

一般状態区分表

ペースメーカーを装着したら速やかに障害年金を請求しよう!
障害年金の請求は、原則初診日から1年6か月経過しないとできません。しかし一部例外があり1年6か月を経過していなくても請求できる場合があります。ペースメーカーの場合は装着したその日から請求することができます。なるべく早く請求しましょう。

障害年金をもらうための要件などについてはこちらをご覧ください。

———————————————————————————————————————————————
【お知らせ】
徳島障害年金相談室(運営:コスモス社会保険労務士事務所)では、無料相談・無料出張相談を行っています。

メールでのお申込みは
メールフォーム をクリックしてください

電話でのお申込みは
0883-87-9517 をクリックしてください

——————————————————————————————————-—————————————

 

 

 

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP