障害年金もらい忘れていませんか!

MENU

まず最初に、障害年金無料相談を!!

  • HOME »
  • まず最初に、障害年金無料相談を!!

「障害年金について相談したいけど、どこに相談すればいいの? 」って聞かれたら・・

パッと思い浮かぶのは年金事務所でないでしょうか?

だだ、徳島県内だと徳島市内に2か所、美馬郡つるぎ町に1か所の合計3か所しかなく障害のある人にとっては不便ですね。

私は仕事がら年金事務所にはよくいきますが、混雑していて長い時間待たされることが多かったですね。

最近は事前予約をすることができるので、予約をすれば以前よりはあまり待たなくてすむようになりましたが。

では、あなたが年金事務所に相談に行ったとしましょう。

「私は障害年金の対象となるのだろうか?」

「対象となるのならどのような手続きが必要なのか?」

など聞きたいことは沢山あると思いますし、ご自分のこともたくさんお話されると思います。

その時に、あなたが相談した内容や年金事務所の窓口担当者からいろいろと聞かれて答えたことは、年金事務所の記録として残ります。

ここで注意が必要です。

あなたが実際に障害年金の請求をしようとしたとき、あなたが以前に年金事務所で話した内容と、今回請求しようとしている内容に食い違いがあったとすれば、障害年金の請求に支障が出ることがあるかもしれません。

あなたが年金事務所で相談したときに、

初診日をよくわからないままに○年○月○日と言っていたのに、

請求のときには×年×月×日と別の日を初診日として請求した場合には、

年金事務所の記録と違うわけですから当然なぜ違うのか、

請求に有利なように変更したのではないかなど疑われることも・・・

初診日は障害年金で非常に重要な役割があります。

初診日を基準にどの年金制度(国民年金や厚生年金など)に加入していたか、保険料納付要件、障害認定日などが判断されます。

例えば、

○年○月○日では保険料納付要件を満たさないので、要件を満たしている×年×月×日に変更したのでは?

と年金事務所は考えるかもしれません。

初診日も確定し、加入要件、保険料納付要件、障害状態も認定されるのが明らかな、なんの問題もなければ年金事務所で相談されるのが良いと思います。

ただ、年金事務所は相談にはのってくれますが、

「受給の可能性を高めるのにはどうしたらよいか」

「より上位の等級に認定してもらうにはどうしたらよいか」

などの踏み込んだ内容には、立場上難しく一般的なマニュアルどおりの対応しかできません。

障害年金は同じ公的年金の老齢年金などと違い請求すれば受給できるような簡単なことではありません。

無料相談のお問合せはこちら TEL 0883-87-9517 受付時間 8:00 - 21:00[土・日除く]

固定ページ

PAGETOP